新着コラムをご紹介いたします。

過去のコラムについてはこちらへどうぞ。

「応仁の乱」に見る創造的破壊とイノベーション(1)

 

 昨年読んだ本のなかで、「応仁の乱」という新書がありました。書名の通り、応仁の乱について、興福寺別当を務めた2人(経覚と尋尊)の日記を主な原史料として書かれたものです。

 

 さて、応仁の乱といえば、どのようなイメージをおもちでしょうか。

足利将軍家や管領諸家をはじめとして全国の守護大名が東西に二分されて10年超も続いた日本史上最大の内戦とか、京都の西陣という地名はこの時に西軍の陣地があったことに由来するという程度の知識しか、もともと筆者にはありませんでした。そこで、改めて応仁の乱について知るところから、この本を読みました。

 応仁の乱について筆者が極めて浅い理解していないことも、もしかすると無理がないのか、この本では「はじめに」でこう書かれています。

 

 応仁の乱が難解なのは、なぜ戦乱が起こったのかよく分からないし、最終的に誰が勝ったのかもよく分からないからだろう。応仁の乱は応仁元年(1467)から文明九年(1477)まで十一年にわたって繰り広げられた大乱である。(中略)応仁の乱勃発当初は京都のみが戦場であったが、やがて戦乱は地方に波及し、全国各地で合戦が行われた。これだけ大規模で長期にわたる戦乱なのに、大名たちが何のために戦ったのか見えてこないというのは不思議である。(「応仁の乱~戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一著・中公新書よりⅰ~ⅱページ、以下の引用はすべて同書より)

 

 実際、専門家の間でもさまざまな見方・捉え方があるようで、歴史学上、応仁の乱の意義は、未だに定まっていないのかもしれません。

 そのなかで、応仁の乱の意義を最も高く見出した歴史学者のひとりが、戦前の邪馬台国論争のリーダーの一人でもあった内藤湖南だそうです。

 

 なぜ、内藤は応仁の乱に他の戦乱とは異なる特別な意義を見出したのか。それは、応仁の乱が旧体制を徹底的に破壊したからこそ新時代が切り開かれた、と考えたからである。(中略)内藤によれば、応仁の乱によって戦国時代が到来し、世の中が乱れに乱れたことは平民にとっては成り上がれるチャンスであり、歓迎すべきことだったというのである。(同書ⅲページ)

 

 歴史学の現在の研究では、こうした内藤湖南の考え方(注2)は必ずしも支持を得ているというわけではないそうですが、応仁の乱およびその前後の政変(注3)を通じて、室町時代が戦国時代へと変わっていったことは間違いないでしょう。

 

 この本を読んでいくと、応仁の乱が何を破壊し何を創造していったのか、少しは考えることができるような気がします。少なくとも、社会システムにイノベーションを起こすには、社会の何を課題として認識しておくべきか、またその解決へのアプローチとして効果的なものは何か、そうしたことを考える材料とかヒントになりそうなものを、次回以降、ご紹介していきたいと思います。

 

(2)に続く

 

【注1

応仁の乱(または応仁・文明の乱)については、たとえばウィキペディアに概説されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E4%BB%81%E3%81%AE%E4%B9%B1

 

【注2

内藤湖南の講演録「応仁の乱について」(表記は旧漢字)は、青空文庫で読むことができます。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000284/files/1734_21414.html

 

【注3

6代将軍・足利義教が赤松満祐・教康親子に殺害された「嘉吉の変」(嘉吉元年(1441))と、管領・細川政元が日野冨子・伊勢貞宗と図って10代将軍・足利義材を廃し11代将軍・足利義澄を擁立したクーデター「明応の政変」(明応二年(1493))のこと

 

作成・編集:QMS 代表 井田修(2017424日更新)

 

「応仁の乱」に見る創造的破壊とイノベーション(2

 

(1)より続く

 

 さて、応仁の乱というくらいですから、その影響はまず戦い方に見られるはずです。

 

両軍の当初のもくろみに反して戦乱が長期化した背景には、戦法の変化がある。まず、防御施設の発達が挙げられる。その代表が井楼である。井楼とは、戦場で敵陣を偵察するために材木を井桁に組んで構築する物見櫓のことである。(中略)応仁の乱で構築された井楼はより大規模なものだった。(中略)東軍も大井楼を設営した。上に登ると「諸軍営」が一望できたという。

(中略)応仁の乱では攻城兵器も使われた。応仁二年の正月、東軍は大和国から工匠を呼び寄せ、「発石木」を作らせたという。要は投石機だろう。(中略)戦乱の進展につれて、京都のあちこちで「構」、すなわち要害が築かれていった。(中略)両軍が陣を堀や井楼で防御したため、京都での市街戦は実質的に“攻城戦”になった。

(中略)戦局打開のための新戦力として浮上したのが足軽である。足軽は、甲冑などを着けない軽装の歩兵である。応仁二年(1468)三月中旬、東軍は足軽を動員し、下京(京都の二条通以南)を焼き払わせた。これは西軍の駐屯地・物資集積地に打撃を与え、兵力・兵粮の補給を阻害するための作戦だったという。

(中略)近年の研究は、足軽の跳梁を大都市問題として捉えている。すなわち、慢性的な飢饉状況の中、周辺村落からの流入により新たに形成され、そして着実に膨張していく都市下層民こそが足軽の最大の供給源であった。(「応仁の乱~戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一著・中公新書105111ページ、段落分けは引用者による)

 

兵器のイノベーションというと、歴史的には鉄砲の伝来のほうが大きな意義をもつでしょう。応仁の乱の頃には、こうした意味での兵器のイノベーションというのは、特筆すべきものは見られないようです。

 兵器というよりも、井楼(の大型化)や発石木のような構築物が改善・改良されていったり、屋敷を守る構えや溝など土木工事の技術が発展したりしたのではないかと想像されます。その一方で、戦い方には大きな変化が起こったようです。それは、京都という都市を主戦場として応仁の乱が始まったことに由来します。

 

一般に市街戦を戦うには、二つの特徴があります。

ひとつは、個々の兵士が近接して戦うことになりがちなので、敵を一気にすべて殲滅するわけにはいきません。敵が撤退しない限り、戦いは続きます。これは、現代でも世界で起こっているさまざまな紛争をみれば想像がつくでしょう。

そこで、戦いには時間がかかるようになります。関ヶ原の合戦が1日で終了しているように、野戦は比較的短期間で勝敗がつく傾向にありますが、攻城戦や市街戦では、長期間の戦いになりがちです。籠城ともなれば、戦国時代でも何ヶ月も続くことがよくあります。

その結果、攻城戦のように最後には城を明け渡すなり、攻めていた側が諦めて撤退するなり、何らかの形で結果(勝敗)が明らかになればいいのですが、城や街をすべて破壊するという形で結果がはっきりすることは、そうそう起こりません。都市のなかで歩兵同士が戦う市街戦の場合、別のところで停戦協定が結ばれることはあっても、個々の戦いでは結果が不明瞭になることがしばしば起こります。

以上が市街戦の第一の特徴である、戦いに時間がかかって結果がはっきりしないことです。

 

 もうひとつは、兵士と市民の区分が不明瞭になりがちという特徴です。

大都市における市街戦でなく、たとえば平原における大規模な野戦(会戦)であるとか、海の上や空中における近代兵器による戦いとなると、兵士として専門に訓練を受けたものでないと、兵器の扱い方ひとつをとっても戦うことができません。

大都市における市街戦となれば、第二次世界大戦のときのヨーロッパにしても、現代の各種の紛争・戦闘においても、正規軍の兵士同士による戦いだけでなく、都市ゲリラや市民テロリストなどの非正規軍も戦うことが実によく見られます。これは、戦うのに必要な武器が「軽い」ということもあります。銃器や手榴弾程度のものであっても、十分に戦うことができますし、いざとなれば石や木材などを勝手に転用することで武器とすることも可能です。

応仁の乱においては、そうした戦い方が足軽という軽装の歩兵を生み出すとともに、足軽への人材供給源としての都市下層民の存在にも着目する必要がありそうです。現代でいえば、たとえばISISであれば、インターネットを通じて宗教的なプロパガンダを行うことで、グローバルに都市下層民(注4)を聖戦の兵士としてリクルートしていますが、応仁の乱の当時は、宗教的な要素をなくして、単に兵力としてリクルートしたのが足軽だったのかもしれません。

足軽という存在は、兵力を京都から離れた分国から移動して投入しなければならない守護大名にとって、京都市内や近隣の余剰人員(武士でないどころか、農業・商業・工業などに従事していない人々)がいれば、それらを兵士として動員するほうが効率的でもあります。

こうして見ると、戦い方の変化は、足軽の活用とその前提となる兵力の現地調達、それを可能とした都市下層民の存在を組み合わせて活用していったことこそが、イノベーションと呼べるものかもしれません。

そして、そのもとには都市下層民が生じてしまう、京都という当時最大の大都市が主戦場となったことが原因と言わざるを得ないでしょう。いつの時代にも、都市はもともと消費地であって生産地ではないため、生産地は消費地の周辺に整備されるか、遠国から物資を運び込むことによって成立します。これは、現代でもそうですが、江戸時代の江戸や大坂をイメージしても理解できるでしょう。

 

また、足軽の働きに報いる方法も一考すべきポイントがありそうです。

鎌倉時代以来の一所懸命という武士の規範が都市下層民にはあり得ません。所領を安堵するという形での報奨の基礎がないのが、足軽という存在です。雇い主である守護大名は、所領を安堵するという形で報奨を与えるのではなく、報奨も現地調達であり自力救済で行わせるしかありません。何しろ、京都市内での戦いに勝ったところで、新たな土地を獲得できるわけでありません。雇い主としては、足軽が戦った相手のもつ武器・武具や金銭を奪うことを奨励しなければ、足軽も雇い主のために戦うことはしないでしょう。都市下層民の立場でいえば、足軽のほうが単なる野盗よりはましという程度かもしれません。

現代的にいえば、報奨も自己責任、雇い主は勝手に奪うのを黙認するだけでよいので、報奨制度について考えを巡らせる必要もありません。この点からも、足軽は、雇い主にとっても極めて好都合で合理的な存在です。

こうした報奨のやりかたも、必要から生まれたイノベーションと呼べるかもしれません。というのも、安定した主従関係ではなく、傭兵(というよりも都市ゲリラとかテロリストに近い存在)のようであり、一時的でそのときその場だけの関係である足軽は、分国(守護大名の所領地)に連れて帰る義務もありません。農業という土地に縛られる関係を土台としてきた関係からみれば、それを土台から崩壊させているのが、市街戦の戦力となった足軽という存在といえるでしょう。

 

現代の企業で考えてみましょう。

足軽のような人材の供給源といえば、たとえば業績不振により大規模な人員整理に追い込まれた企業から放出される人材かもしれません。現に、そうした人材を意図的・意識的に採用することで、自社の人的資源をレベルアップする企業もよく見られます。

そうして獲得した人材のもつ社外ネットワークを活用できると、新たに採用した企業にとっても大きな収穫となります。また、新たに放出された人材をいかに獲得して活躍してもらうのか、これは新興勢力にとって普遍的な課題と言えるかもしれません。

こうした人材への報奨も、一般の人材と同様というわけにはいかないでしょう。より短期的で結果に対して報いる要素が強くなるはずです。そのため、意識的にバラバラに配属して、個としての力量を見るのがポイントとなりそうです。応仁の乱での足軽が完全に近い自力救済であったとすれば、こうした人材も自分の実績をアピールできるようにしておくことが求められるでしょう。

 

 このように、戦い方の面から応仁の乱を見てみると、兵器や戦術といった面よりも、足軽という現地調達可能な兵力の存在とそのマネジメントのありかたにこそ、イノベーションが見られるではないでしょうか。

 

(3)に続く

 

【注4

こういう表現が適切であるとは思えません。しかし、少なくとも欧米諸国の都市部に難民や移民として流入した人々およびその第2世代・第3世代で失業している若年層を中心に、人材を引き付けていることは事実でしょう。

 

作成・編集:QMS 代表 井田修(201751日更新)

 

「応仁の乱」に見る創造的破壊とイノベーション(3

 

(2)より続く

 

 イノベーションというと、一般的には、既存の支配勢力のなかからというよりも、その周辺や既存の支配勢力の力の及ばないところから発生するというイメージが強いでしょう。もしくは、既存のものが一度、徹底的に破壊されて、その後にゼロから生じたものによってイノベーションは起きるというイメージでしょうか。

 応仁の乱が何らかのイノベーションにつながるものであるとすれば、それは既存の支配勢力が不在のところから発生するのではないかと考えられそうです。 ところが、現実には、既存の支配勢力のなかからも次の世代のイノベーションにつながる種が生じていた可能性があります。

 

特に観応二年(1351)の「両門跡確執」は大きな画期となった。一乗院と大乗院の争いは断続的とはいえ、三十年以上に及んだ。興福寺、そして衆徒・国民は完全に二分された。両門跡は武力を有する衆徒・国民を自派に取り込むために、競って恩賞を与えた。この結果、一乗院領・大乗院領は衆徒・国民の手中に落ち、門跡による荘園支配は形骸化していった。(「応仁の乱~戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一著・中公新書11ページ)

 

 興福寺の最高責任者を「別当」といいますが、その地位は興福寺内の二大勢力である一乗院と大乗院の最高責任者(「門跡」といいます)のいずれかが就くのが慣例となっていました。門跡というのは、単に最高責任者というだけでなく、藤原摂関家の血縁者が就く地位にのみ認められた呼称であり、極めて高い位です。

 したがって、興福寺およびその支配下にある荘園というのは、当時の支配体制そのものです。その興福寺の別当の地位を巡って、三十年以上もの争いがあったそうです。その時期は、応仁の乱よりも百年ほど早い時期ですが、室町時代は南北朝の対立もあって、終始、既存勢力のなかで対立と抗争が起こっていたかのような印象を強く受けます。

 こうした対立・抗争の間に、門跡などの旧来の支配階層と衆徒・国民(寺社の門徒)という被支配階層との間で力関係が逆転しかねない状況が発生してきたようです。いわば、神輿に乗って担がれる支配階層が、神輿の担ぎ手である被支配階層によって選ばれるような状況になってきたのでしょう。

 

 とはいえ、尋尊には心配事もあった。これまでの大乗院門主とは異なり、前門主から必要な知識や作法を手取り足取り教えてもらえないのだ。尋尊と経覚との関係は疎遠で、経覚の日記「経覚私要鈔」すら閲覧を許されなかったのである。安田次郎氏は、尋尊が「大乗院寺社雑事記」という、他に類を見ない詳細な日記をつけた理由をこうした環境に求める。すなわち、自身のため、そして後継者のため、後から参照して役に立つ記録を作成したのである。(同書5859ページ)

 

 当時の支配階級出身で興福寺別当となる経覚と尋尊ですが、この二人の人間関係は必ずしも良好とは言えず、現代風にいえば、マニュアルとかシステムが断絶してしまい、尋尊は自ら作るしかない状況に置かれていたことになります。

イノベーションの観点からいえば、担当者の間で引き継ぎが行われず、そこに断絶が生じたことで、後任は新たな方法論を試行錯誤するしかないため、そこに何らかのイノベーションが起こる可能性が出てきます。

また、この当時は外部環境も大きく変わりつつあります。荘園の管理(年貢となる米などの農作物を集めて荘園領主である興福寺に送ること)という仕事ひとつをとっても、在地で実際に荘園の管理を行う実権をもつ人々(守護代に限らず、在地の武士や有力な農民の集団など)が入れ替わっていく状況に、柔軟に対応して、荘園領主側も交渉すべき相手を変えていく必要が出てきたでしょう。

年貢の取り立てに下向する荘園領主(たとえば興福寺)の側近や代官たちは、取り立てを妨害する在地勢力と交渉したり、ときには武力を頼んだりして年貢を確保しようとしたことでしょう。その在地勢力も一枚岩というわけでなく、話し合いや武力衝突も含めて、さまざまな駆け引きが行われたことでしょう。

そうした状況に応じるとは言っても、ただ状況の変化に対応するのがいいのか、何らかの基準や原則をもって時には厳しく応じるべきなのか、やりかたは人それぞれであったかもしれません。それがまた、応仁の乱という混乱した状況の下で行わなければならなかったため、更に混乱を招くことにつながったのかもしれません。

 

実際、大乗院尋尊は自分の前任者である経覚のやりかたに批判的だった。(中略)経覚の判断は前例にとらわれない柔軟さを持っている。だが、その反面、長期的な展望に欠け、その場しのぎのところがある。越智や朝倉に入れ込んだのはその典型で、経覚個人は良いとしても、興福寺や大乗院にしてみれば、武士たちに振り回されている不満はあっただろう。

(中略)尋尊は常に冷静沈着である。目の前で起こっている事象に対して軽々に判断を下さず、過去の似た事例を調べ上げた上で方針を決定する。その態度はひどく消極的に見えるが、大乗院が曲がりなりにも大乱を切り抜けることができたのは、門主である尋尊の慎重さのおかげだろう。(同書138139ページ、段落分けは引用者による)

 

結果論ですが、経覚のやりかたを引き継がなかった尋尊は、時代の変化に対して自分なりのやりかたで適応していったと思われます。変化する時代への向き合い方はこのふたりでは異なるようで、経覚は柔軟というか融通無碍というかその場で対応するのに対して、尋尊は理論武装を重視し主張をもって交渉に臨むタイプであったように思われます。

 イノベーションと呼んでいいのかどうかわかりませんが、この当時、領内を通過する人や物資から関所で通行税を取るとか、荷留といって輸送中の荷物を没収するなどして一種の経済封鎖を行うなど、単に所領から年貢を取るだけではなく、いろいろな徴税手法を用いて領内経営に当たる荘園領主や在地勢力が出てきたことにも注目したいところです。

このように、支配階層やその周辺においてもイノベーションは起こっていたようです。応仁の乱が単なる破壊だけではない点が、ここにあります。

 

実は、イノベーションには既存の事業や市場のなかにこそ生み出されるものもあります。むしろ、目立たないだけで、数は多いのかもしれません。

たとえば、牛丼チェーンであるとか、立ち食いそばであるとか、近年ではステーキやとんかつでも、ファストフードとしてチェーン展開するものが登場しています。こうしたものも、そのオペレーションの仕組みや出店方法などに何らかのイノベーションがあって初めて事業化できていることは間違いないでしょう。

また、コンビニエンスストアや100円ショップのような業態も、単にものを仕入れて売るだけではない仕組みや仕掛けがあるはずです。こうした業態を開発しビジネスとして成長し社会に必要とされるサービスとして定着していくのにも、必ずどこかにイノベーションがあるはずです。

こうしたものは、イノベーションというよりも業態の進化と呼ぶべきかもしれませんが、いずれにしても、すべてを破壊しつくしたところにだけイノベーションが起きるわけではないことを改めて確認できるのではないでしょうか。破壊に至らずとも、混乱や変化が一定期間続くような状況の下では、必ず何らかの新たな対応策が求められるからこそ、イノベーションが結果的に実現していくのかもしれません。

そうであるとすれば、イノベーションを継続的に実現する組織そのものやその周辺には、絶えず混乱や変化が起きているはずです。それを意図的に起こすには、担当者をいきなり変える、引き継ぎはしない、マニュアルは破棄する、といった仕掛けが実は効果的なのかもしれません。

 

(4)に続く

 

作成・編集:QMS 代表 井田修(201754日更新)

 

「応仁の乱」に見る創造的破壊とイノベーション(4)

 

(3)より続く

 

 自動車やデジタルテクノロジーが、単に個別企業の製品やサービスのイノベーションをもたらしただけでなく、広く社会全体を変えていったことは改めて申し上げるまでもないでしょう。応仁の乱についても同様に、個々のイノベーションだけでなく、社会全体への影響とか波及効果ということに本当のインパクトが見て取れるでしょう。

 

応仁の乱後に京都と地方とを往き来したのは、貴族ばかりではなかった。たとえば、連歌師が職業的に自立し、各地を旅しながら生計を立てるようになったのも、この時期のことである。(中略)諸国を渡り歩いて連歌会を開く専業の連歌師が登場したのは、守護の在国化が進んだ応仁の乱以降のことで、その第一号が乱後に連歌界の頂点に立った宗祇だったのである。(「応仁の乱~戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一著・中公新書264ページ)

 

応仁の乱がもともと京都を中心とした戦乱であったため、その混乱を逃れて貴族が京都を離れるようになりました。また、上洛ばかりしている間に在地勢力が守護大名に取って代わる動きも出てくるなどして、在京の守護大名も分国に下っていくようになります。

在京勢力といっても、戦う実力に欠ける人々は、足軽の供給源である都市下層民や敗残兵に取って代わられる危険性が高くなります。また、京都という大都市を支える物流も、畿内諸国に戦乱が広がるにつれて、機能しなくなりますから、京都から脱出して地方に下る人々も多くなるでしょう。

貴族や大名ばかりが影響を受けるわけではありません。貴族や大名に対してサービスを提供していた人々(たとえば連歌や茶道などに携わる人々)も、新たな取り組みが求められるようになります。そうした動きのなかから、連歌師のような新しい職業も生み出されるようになります。

もちろん、この時代に生きた人々全員がイノベーションを起こすわけではありません。多分、圧倒的に多くの人々は、戦乱が続く世の中にどう対処していいのか、わからないまま生き延びるのに精一杯だったのではないでしょうか。

そうした膨大な試行錯誤のなかから、次の時代につながるものが形成されていったのでしょう。宗祇にしても、自ら進んで諸国を渡り歩く連歌師になりたかったのかどうか、本人に尋ねてみたいものです。

 

イノベーションといえば個別の製品やサービスを革新するとともに、その市場の作り方・競争のありかたから革新することもあれば、マネジメントの手法や仕組みに関するもの、さらには価値観やものの考え方そのものを変えていくものまでもあります。

応仁の乱に即して考えてみると、井楼や発石木などの武器や兵器などの進化もありますが、足軽という新たな組織による戦い方のイノベーションが大きかったのではないでしょうか。足軽を組織化して戦力とすることを可能とする、京都を中心とする都市部における都市下層民の存在というのも、人材供給源のイノベーションと見るのか、封建制の身分秩序の創造的破壊と呼ぶべきなのか、判断はつきません。

応仁の乱というものが破壊してしまった最大のものは、貴族や武士といった生来の身分を前提とした秩序を守るとか、荘園制の下に生活していくという価値観や行動様式だったのかもしれません。その結果が、この後も戦国時代を通じて見られる下剋上という価値観や行動様式の普及でしょう。

下剋上という価値観が支配的になったとしても、全てが没落したわけではありません。むしろ、本当に社会的な底辺から成り上がったのはごく少数だったことでしょう。

その成り上がりを可能とする価値観や仕組みそのものが、次には破壊の対象と認識されたはずです。つまり、足軽に誰でもなれた時代は終焉し、幕藩体制という封建制と士農工商という身分制度が確立する方向に、再度、イノベーションが進んでいくことになります。

たとえば、室町時代の在京守護制が江戸時代には参勤交代という形に進化しているように思われます。天皇や貴族のいる京都とは別に、武士の都市としての江戸が成立するところに、ひとつのイノベーションがあったことを指摘できるでしょう。

現代でも、従来の制約条件を打破しモビリティ(物理的社会的なヒトの移動)を高めてイノベーションが一方向に進むように見えても、ふと気がつくと固定化(安定)の方向にイノベーションが切り替わっている時が来るかもしれません。

 

作成・編集:QMS 代表 井田修(201759日更新)

 

 

このサイトは、行政書士井田道子事務所のホームページです。