新着コラムをご紹介いたします。

過去のコラムについてはこちらへどうぞ。

アヌーク・エーメ氏の訃報に接して

 

昨日、フランスの俳優であったアヌーク・エーメ氏がパリの自宅で亡くなったことを、娘で俳優のマヌエラ・パパタキス氏がインスタグラムで発表しました(注1)。92歳でした。1940年代から映画に出演し、2019年公開の「男と女 人生最良の日々」まで現役で活躍してきており、私生活も含めて、正に女優という存在でした(注2)。

実際に鑑賞したことがある作品として次のもの(注3)があります。

 

「甘い生活」(“La Dolce Vita”イタリア、1960年)

「ローラ」(“Lola”フランス、1961年)

「81/2」(“8 1/2”イタリア・フランス、1963年)

「男と女」(“Un homme et une femme”フランス、1966年)

「男と女Ⅱ」(“Un homme et une femme :vingt ans deja”フランス、1986年)

 

極めて限られた作品しか見ていませんし、それらも公開当時でなく20年ほど経った頃に見ているものが大半です。従って、かなり偏った印象しかありませんが、それでも十分にインパクトがありました。

フェデリコ・フェリーニ監督作品(「甘い生活」と「81/2」)では、当時のイタリアやフランスの女優を体現しているようです。それぞれの作品の故でしょうか、享楽的とか頽廃的といった表現が浮かびます。現代では、あまり見ることがなくなったキャラクターを見事に演じています。

一方、ジャック・ドゥミ監督の「ローラ」とクロード・ルルーシュ監督の「男と女」2作品では、ヌーベルバーグ只中のフランス映画らしくスタジオを出て街やホテル、海辺や港で楽しく作っているような感覚が得られます。恋愛も仕事もしっかりとやり通すのが人生というところでしょうか。

「ローラ」は主人公を巡って様々な男たちと出逢っては別れていく物語で、ジャック・ドゥミの監督デビュー作です。後にシェルブールやロシュフォールといった港町を舞台にミュージカル映画を作っていく嚆矢となった作品で、軍港の街ナントを舞台に歌手兼ダンサーを氏は演じます(注4)。実はローラという名前は別の作品でセリフに引用されたり、この作品の登場人物が後の作品にも登場したりして、ジャック・ドゥミならではの世界がここから始まります。そのタイトルロールを演じており、強く印象に残っています。

一般的な知名度では、「男と女」の主人公アンヌを演じたことのほうが優っているでしょう。その20年後を描いた「男と女Ⅱ」は興行面では前作に及ばなかった以上に、制作された映像面でも物語の上でもあまり印象が残らなかったことが残念でした。ラブストーリーで続編を製作するのは、アクションものやホラー映画に比べて難しく成功例があまり見られないとしても、第1作の20年後を描くことに大きく期待していたせいか、Ⅱではキャラクターも平板に見えてしまいました。

そして、「男と女」の50年後の姿を描いた「男と女 人生最良の日々」(“Les plus belles annees d’une vie”フランス、2019年)では、再度、ジャン=ルイ・トランティニャンと共演しました。既に主役二人が亡くなった今、この作品を観て50年に及ぶ物語と映画製作そのものに思いを馳せる時間をもちたいものです。

 

【注1

たとえば、以下のように報じられています。

『男と女』のアヌーク・エーメが死去 享年92歳 | カルチャー | ELLE [エル デジタル]

仏俳優アヌーク・エーメさん死去、92 「男と女」で人気博す (msn.com)

 

【注2

出演作品が紹介されている映像です。

A Tribute to ANOUK AIMÉE - YouTube

 

【注3

以下に予告編などで作品を紹介します。

Immortal Movie Trailer 甘い生活(La dolce vita K予告編 Trailer 1960. (youtube.com)

Lola (1961) bande annonce (youtube.com)

8 1/2」完全修復ニュープリント版・予告編 (youtube.com)

映画『男と女』予告編 (youtube.com)

 

【注4

歌っているシーンもあります。

Anouk Aimee Singing (youtube.com)

 

 作成・編集:QMS代表 井田修(2024619日)

 

 

ドナルド・サザーランド氏の訃報に接して

 

先週の木曜日、カナダの俳優であったドナルド・サザーランド氏が亡くなったことを息子で俳優のキーファー・サザーランド氏がXで発表しました(注1)。88歳でした。死因などは公表されていませんが、闘病生活を長く送っていたとの報道もあります。

1960年代から映画やTVに出演し、遺作となった公開予定作品まで現役で活躍してきました。大作の主役もあれば、スケッチ風のショートコントに出演するだけというものもあります。冷徹な軍人や支配者も演じれば、子供を思う父親も演じれば、色事師もあります。実に幅の広い俳優でした。

実際に鑑賞したことがある作品として次のものがあります。

 

MASマッシュ」(“M*A*S*HUSA1970年)

「ジョニーは戦場へ行った」(“Johnny Got His Gun USA1971年)

「赤い影」(“Dont Look Now”イギリス・イタリア、1973年)

「カサノバ」(“Il Casanova di Federico Fellini”イタリア・USA1976年)

「鷲は舞いおりた」(“The Eagle Has Landed”イギリス・USA1976年)

「ケンタッキー・フライド・ムービー」(“The Kentucky Fried MovieUSA1977年)

「アニマル・ハウス」(“National Lampoons Animal HouseUSA1978年)

「大列車強盗」(“The First Great Train RobberyUSA1979年)

「オーロラ殺人事件」(“Bear Island”カナダ・イギリス、1979年)

「普通の人々」(“Ordinary PeopleUSA1980年)

「針の眼」(“Eye of the Needle”イギリス・USA1980年)

「レボルーション めぐり逢い」(“RevolutionUSA1985年)

「アウトブレイク」(“OutbreakUSA1995年)

 

これらのうち、主役やタイトルロールを演じたものが「赤い影」「カサノバ」「オーロラ殺人事件」「針の眼」、主役グループの1人または主役に近いものが「MASマッシュ」「鷲は舞いおりた」「大列車強盗」「普通の人々」、極めて印象深い脇役でインパクトを残すのが「ジョニーは戦場へ行った」「アニマル・ハウス」、主人公に対する敵役として存在感を発揮しているのが「レボルーション めぐり逢い」「アウトブレイク」というところでしょうか。

作品ジャンルも多様です。戦争や戦場を扱ってはいても、ブラック・コメディの「MASマッシュ」もあれば、ジョン・トランボが生み出した明確な反戦映画「ジョニーは戦場へ行った」もあれば、いわゆる戦争物でノルマンディー上陸作戦とチャーチル暗殺計画を描く「鷲は舞いおりた」や細菌戦争を描く「アウトブレイク」もあります。

ニコラス・ローグ監督の代表作でサイコスリラーの「赤い影」、サスペンスの「オーロラ殺人事件」と「針の眼」、学園コメディの「アニマル・ハウス」、ショートコントの「ケンタッキー・フライド・ムービー」、俳優のロバート・レッドフォードが監督したストレートな現代の家族劇「普通の人々」、一種の時代劇でその時代と場所を再現した「カサノバ」と「レボルーション めぐり逢い」と、実に様々な作品に出演しています。

個人的に最初に観たのは、多分「ケンタッキー・フライド・ムービー」です。次が「アニマル・ハウス」で、これは主演のジョン・ベルーシ扮するダメな大学生の学生生活をジョン・ランディスが監督したコメディ映画です。この中で、氏は出演するシーンは少ないものの、文学の教授に扮してジョン・ミルトンの「失楽園」を講じながらリンゴを齧るシーンは、当時も強烈なインパクトがありましたし、今でもはっきりと記憶が甦ります。

フェデリコ・フェリーニ監督に嵌まっていた時期に観た「カサノバ」も忘れ難い作品です。タイトルロールの色事師が最後に求める恋人である人形と踊るシーンも、単なるイケメン俳優が演じると興醒めになりそうなシーンですが、氏の演じるジャコモ・カサノバが長年の女性遍歴の最後に巡り合った姿として納得させられるものがあります。

MASマッシュ」で扮したやり手だが規律を無視する軍医、良き父や良き夫であろうとする「赤い影」や「普通の人々」で演じた父親(夫)などは、普通の人が戦争(「MASマッシュ」)・子供の死(「赤い影」)・家庭の崩壊(「普通の人々」)といった異常な事態に直面したところからのドラマを、それぞれの作品の異なる特色に応じて演じ分けています。

もうひとつの嵌まっていた役柄は、「レボルーション めぐり逢い」や「アウトブレイク」で演じた冷徹な軍人、「鷲は舞いおりた」で扮したIRAのテロリスト、「針の眼」のスパイといったものです。これらは敵役といってもいいでしょう。俳優によっては、最初からオファーを断る役かもしれません。こうした役にチャレンジして見事に演じ切るのも、俳優としての力量を表しているに違いありません。

とは言え、氏自身はアカデミー賞には縁がありませんでした。出演作は「普通の人々」が作品賞・監督賞・脚色賞・助演男優賞、「MASマッシュ」が脚本賞、「カサノバ」が衣装デザイン賞を受賞するなど、評価の高いものがいくつもあります。その存在抜きにはこうした作品が成立しなかったかもしれないと思うと、多種多様な役を演じた俳優としての存在の大きさを改めて感じざるを得ません。

 

【注1

たとえば、以下のように報じられています。

D・サザーランドさん死去、88歳 映画「マッシュ」「普通の人々」 (msn.com)

『ハンガーゲーム』のドナルド・サザーランドが死去 息子のキーファー・サザーランドが発表 | カルチャー | ELLE [エル デジタル]

 

 

 作成・編集:QMS代表 井田修(2024624日)

 

 

このサイトは、行政書士井田道子事務所のホームページです。